コンテンツにスキップする

英・EU通商交渉、十分な進展なし-英首相設定の期限前に非難合戦

  • 英国は合意なしを「いとわず、その用意ある」-15日が交渉撤退期限
  • 英首相と欧州委員長、ミシェルEU大統領が14日協議へ-FT

英国と欧州連合(EU)の通商交渉は週内に節目となる期限が迫る中、合意への目に見えた進展はほとんどなく、歩み寄りが見られない状況を巡り双方が非難合戦を繰り広げた。

  EUのバルニエ首席交渉官は13日、ルクセンブルクで行われた加盟国の欧州問題担当相らとの会合で、最終的な詰めの作業に入れるほど十分な進展はなかったと述べたと、協議に詳しい当局者が明らかにした。

  ジョンソン英首相の報道官は、英国は合意なくEUの単一市場を離れることを「いとわず、その用意ができている」と言明し、そのような結果に対する「恐れはない」と続けた。ジョンソン首相は通商合意の見通しが立たなければ15日をもって交渉を打ち切ると、これまでに表明している。

  この報道を受け、ポンドは一時0.7%安の1.2971ドルと9日以来の安値を付けた。

  ドイツのロート副外相兼欧州問題担当相はバルニエ氏との会合前にルクセンブルクで記者団に対し、「われわれは通商交渉の正念場にいる」と指摘、「厳しいプレッシャーにさられており、時間がない。交渉の主要分野で英国側による中身ある進展を望む」と語った。

  英フィナンシャル・タイムズ(FT)が事情に詳しい関係者を引用したところによると、ジョンソン首相と欧州委員会のフォンデアライエン委員長、ミシェルEU大統領(常任議長)が14日に電話で協議する予定。

原題:U.K., EU Blame Each Other as Trade Talks Make Slow Progress (2)(抜粋)

Johnson, Von Der Leyen, Michel to Hold Brexit Call Tomorrow: FT(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE