コンテンツにスキップする

JPモルガン、3Qは予想外の増益-貸倒引当金積み増しが大幅減

  • 貸倒引当金の積み増しは6億1100万ドルと前四半期から94%減少
  • 株式と債券のトレーディング収入は30%増えた

JPモルガン・チェースは新型コロナウイルスの流行が影を落とした7-9月(第3四半期)に、予想外の増益を記録した。トレーディング収入増が寄与した。

  13日の決算発表によると、利益は4%増の94億4000万ドル(約1兆円)。株式と債券のトレーディング収入が30%増えた。投資銀行業務の手数料収入も9%増え、第3四半期利益は2020年で最高となった。

  貸倒引当金の積み増しは6億1100万ドルと前四半期から94%減少。アナリスト予想は23億8000万ドルだった。

  ジェイミー・ダイモン最高経営責任者(CEO)は発表文で「法人・投資銀行部門が引き続き堅調な業績を大きくけん引した」とし、「貸倒引当金は340億ドルを維持した。経済を巡る大きな不確実性とあり得る結果のレンジが幅広いことを考慮した」と説明した。

  純金利収入は前年同期から9%減少した。

原題:
JPMorgan Posts Surprise Jump in Profit on Lower Credit Costs(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE