コンテンツにスキップする

ドイツ連銀、銀行はコロナ禍に伴う負荷増大に備えよ-金融安定報告

  • 企業破綻は来年第1四半期までに35%余り増加すると予測
  • ドイツの銀行システムにとってリスクは管理可能な範囲-独連銀

ドイツ連邦銀行(中央銀行)は、今後数四半期の企業破綻や債務増加で増大する負荷に対して国内金融システムは準備する必要があり、信用を拡大できる状態にしておくべきだとの見解を示した。

  ドイツ連銀は13日発表した金融安定報告書で、「実体経済の危機の影響は国内金融システムにはまだ完全には表れていない」と指摘。市場のバリュエーションは経済のファンダメンタルズの一部分しか反映していないとして、「危機が長引けばその分、企業の支払い能力の問題は金融システムの中でより一層顕著となる可能性が高い」と論じた。

  予想される企業破綻の状況は「国内の銀行システムにとっては依然として十分に管理可能な範囲だろう」との見方を示した。一方で「新型コロナショックがもたらした景気の落ち込みは極めて深刻であり、過去のリセッション(景気後退)とは性質が異なっていた」と指摘した。

Worsening Credit

Banks intensify provisioning as they expect loans to sour

Source: Company filings

  ドイツ連銀の基本シナリオでは、企業破綻は来年の1ー3月(第1四半期)までに35%余り増加すると予想。同連銀は銀行に対し、企業や家計への信用の流れを維持するよう資本バッファーの活用を強く求めた。

原題:Bundesbank Says Banks Must Prepare for Greater Pandemic Strains(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE