コンテンツにスキップする

ソフトバンク、月額5000円以下の大容量プラン導入へ-報道

ソフトバンクが携帯料金で新たな大容量プランを導入する最終調整に入ったと日本経済新聞が13日夕、報じた。主流のデータ容量である20ギガ-30ギガ(ギガは10億)バイトで月額5000円を下回る価格で検討するとしている。

  報道によると、新しい大容量プランは現行の通信規格「4G」が対象となる。NTTドコモの大容量プラン(30ギガバイト)と比べると3割低い水準。今月中にも方針を固め、早期に新プランを始めることを目標にするという。

  菅義偉政権は大容量プランの値下げを携帯各社に強く求めている。9月16日の首相就任会見でも「携帯電話の大手3社が9割の寡占状態を長年にわたり維持して、世界でも高い料金で、20%もの営業利益を上げ続けている」と批判し、改めて料金引き下げを促した。

  ドコモとKDDIも値下げを検討する方針を示している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE