コンテンツにスキップする

習主席、世界のテクノロジー競争で主導権目指す-改革開放は変わらず

更新日時
  • 世界的な影響力持つ技術・産業のイノベーションで優位な立場目指す
  • 米国との対立には触れず-国外からの「多くの前例なき挑戦」に言及

中国の習近平国家主席は14日、テクノロジーなど戦略産業で世界の主導権を握る計画を推進する考えを表明した。米国や同盟国は中国の台頭を抑え込む取り組みを強めている。

  習主席は経済特区成立40年を迎えた深圳で演説し、経済面で優位に立つ戦略として、「改革開放」を進める方針をあらためて示した。華為技術(ファーウェイ)創業者の任正非最高経営責任者(CEO)や劉鶴副首相らが演説を見守る中で、習氏は深圳を「偉大で現代的な社会主義国家のモデル都市」とするよう呼び掛けた。

Public Screens as China's Leader Xi Jinping Delivers Speech in Shenzhen

習近平国家主席の演説を中継するライブ映像(10月14日)

  習主席は「世界的な影響力を持つ技術・産業のイノベーションで優位な立場を築くため、新たな原動力とトレンドを生み出すイノベーション主導の発展戦略を断固実行する必要がある」と主張。米国との対立には直接触れず、国外からの「多くの前例なき挑戦」に言及するにとどめた。

  中国南部「大湾区(グレーターベイエリア)」の企業や指導者は習主席からお墨付きを得た形となり、中国製造業の質を高めるとともに、香港・マカオと中国本土の統合が進められることになる。これは東京湾岸や米西海岸のシリコンバレーに匹敵する地域の一大拠点を構築することを目指し、深圳を含む本土の数都市と香港・マカオを結び付けるより大胆な政策を意味する。

  14日の中国株式市場ではCSI300指数が午前の取引終了時点で前日比0.6%安と、習主席の演説に対する反応は薄かった。

習近平国家主席が経済特区成立40年を迎えた深圳で演説

(出所:ブルームバーグ)

原題:Xi Rallies China Behind Shenzhen as Global Tech Fight Heats Up(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE