コンテンツにスキップする

インドネシア中銀、政策金利を4%に据え置き-ルピア相場支える

  • エコノミスト25人中23人の予想通り-ブルームバーグ調査
  • ルピアは今年、対ドルで6%近く値下がりしている

インドネシア銀行(中央銀行)は13日、政策金利を据え置いた。通貨ルピアを支える一方で、景気は国債購入などで支援する。

  同中銀は7日物のリバースレポ金利を4%に維持。ブルームバーグがエコノミスト25人を対象に実施した調査では、23人が据え置き、残りの2人が0.25ポイントの利下げを見込んでいた。

  ルピアは今年、対ドルで6%近く値下がりしている。

Indonesia continues to hold policy rate steady at 4%

原題:Bank Indonesia Holds Rate as Rupiah Weakness Limits Its Move(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE