コンテンツにスキップする

中国本土の株式市場、時価総額10兆ドル超え-15年以来

  • 世界2位の規模、1位の米国は38兆3000億ドル-日本は3位
  • 「株高一服後での達成であることを踏まえると意味のある数字」

中国本土で株式市場の時価総額が2015年以来の10兆ドル(約1054兆円)超えとなった。中国株が今年3月に安値水準を記録してから、3兆3000億ドル膨らんだ。

  ブルームバーグが12日時点でまとめたデータによれば、時価総額は10兆400億ドルで、過去最高に迫っている。

  世界最大の株式市場は米国で38兆3000億ドル規模。中国はこれに次ぐ。3位は日本で6兆2000億ドル。4位の香港(5兆9000億ドル)、5位の英国(2兆8000億ドル)と続く。

China market capitalization has once again hit the $10 trillion level

  交銀国際の洪灏チーフストラテジスト(香港在勤)は「特に株高一服後での達成であることを踏まえると意味のある数字だ」と指摘。「登録制に基づく新規株式公開(IPO)などの市場改革が実施された今、中国市場の時価総額拡大のペースアップはあり得る」と述べた。

Milestone Reached

China's stock market value just hit $10 trillion for the first time since 2015

Source: Bloomberg

原題:China’s Stock Market Tops $10 Trillion First Time Since 2015 (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE