コンテンツにスキップする

菅内閣支持率が55%に低下、学術会議巡り批判-世論調査

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

菅義偉内閣の支持率はNHKの世論調査で、9月より7ポイント下がり55%と発足から1カ月で下落した。「支持しない」は、7ポイント上がって20%となった。

出所:NHK

  アベノミクスの継承を掲げ、先月16日に就任した菅首相は携帯電話料金の引き下げ、デジタル庁の設置などで具体策の検討に着手した。一方で、日本学術会議が推薦した新しい会員の一部を任命しなかったことで野党から批判を受けている。衆院の任期満了まで1年となっており、今後の支持率の動向は解散時期の判断にも影響する。

  NHKの調査では、日本学術会議を巡る問題に関して菅首相の説明をどの程度納得できるか聞くと、「大いに納得できる」「ある程度納得できる」が38%、「あまり納得できない」「まったく納得できない」が47%だった。

  調査は10月9日から3日間実施した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE