コンテンツにスキップする

ディズニーが事業再編、好調なストリーミングサービスを軸に

  • テレビ局や映画スタジオがオンライン上のコンテンツ管理へ
  • カリーム・ダニエル氏が「ディズニー+」などへの配給を統括

ウォルト・ディズニーはストリーミングサービス「ディズニー+(プラス)」を軸に事業を再編する。好調な同事業をネットフリックスのような世界的な業界大手に育てるため取り組みを強化する。

  12日の発表文によると、ディズニーはテレビ局や映画スタジオ、消費者直販の各部門を「メディア・アンド・エンターテインメント・ディストリビューション」という1つの大きなグループに統合する。現在のコンテンツ担当の各責任者は引き続きそれぞれの事業を統括するが、今後は拡充されるストリーミングサービスのラインアップにどの映画やテレビ番組を取り込むかを直接選べるようになる。

Disney investors applauded its acceleration into streaming

  メディア・アンド・エンターテインメント・ディストリビューション部門の会長には、テーマパーク部門で消費者向け製品の責任者を務めていたカリーム・ダニエル氏が就任し、ディズニー+や「ESPN+」、「Hulu(フールー)」向け配給を統括する。評価が急速に高まっている同氏は社内で最も有望な黒人幹部の1人で、今回の人事は白人比率の高いディズニー経営陣の多様化にもつながる。

  こうした動きは投資家に好感され、ディズニーの株価は時間外取引で一時5.5%上昇した。ヘッジファンド運営会社サード・ポイントのダニエル・ローブ氏をはじめとする株主は、ストリーミング事業に一段と資源を投入するよう同社に求めてきた。先週にはボブ・チャペック最高経営責任者(CEO)宛ての書簡で、映画館からシフトする時だと訴えていた。

  ただローブ氏の動きが今回の事業再編を促したわけではない。チャペック氏によれば、こうした取り組みは数カ月間にわたって進められてきていた。

原題:Disney Shakes Up Its Operations to Put Focus on Streaming (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE