コンテンツにスキップする

新型コロナ感染、米共和党の地盤州で急増-トランプ氏は選挙集会再開

11月の米大統領選挙日まで3週間となる中、中西部や西部で新型コロナウイルス感染が拡大しており、共和党の地盤や勝敗のカギを握るウィスコンシン州が打撃を受けている。

  人口10万人当たりの7日平均新規症例数に基づくジョンズ・ホプキンス大学の最新データでは、最大の打撃を受けている州はノースダコタとサウスダコタ、モンタナ、ウィスコンシン、ユタの5州。入院件数も5州全てで増加していることがCOVIDトラッキング・プロジェクトのデータに示されている。

  トランプ大統領は新型コロナウイルス感染で入退院後、今週から選挙遊説を再開する。トランプ氏の選挙集会ではマスク着用や社会的距離のガイドラインが無視されるケースが多い。全米の新規感染者数は7日平均で4万8793人と、8月半ば以来の高水準。

Worst States by Daily Cases Per 100,000

Source: Johns Hopkins University data

Note: 7-day avg. daily cases

原題:
Covid-19 Soars in Red States as Trump Restarts Rallies (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE