コンテンツにスキップする

トランプ大統領はコロナ検査で陰性、感染リスクなし-主治医

更新日時
  • 連日陰性になっていると主治医のコンリー氏が発表
  • 大統領は12日夜のフロリダ州での集会から選挙キャンペーンに復帰
トランプ大統領

トランプ大統領

Photographer: Erin Scott/Bloomberg
トランプ大統領
Photographer: Erin Scott/Bloomberg

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

トランプ米大統領の主治医であるショーン・コンリー氏は、大統領が新型コロナウイルス検査で連日、陰性となっていると明らかにした。12日にホワイトハウスが公表した文書で説明した。

  同氏は文書で、この検査および米疾病対策センター(CDC)の指針に基づき、大統領が他人を感染させるリスクはないとの結論を通知すると指摘した。ただ、具体的にどの日に陰性だったのかについては言及しておらず、ホワイトハウスは問い合わせに対してコメントを控えた。文書によると、大統領が受けたのは抗原検査で、分子診断よりも正確性で劣ると考えられている。

  トランプ大統領は大統領選で争うバイデン前副大統領らから新型コロナの感染拡大について無神経だと批判されてきた。

  トランプ大統領がエイミー・コニー・バレット氏の連邦最高裁判事候補指名を発表した9月26日のホワイトハウスでの式典後、大統領に近い複数の当局者や上院議員らの新型コロナ感染が判明している。

  大統領は12日夜のフロリダ州の集会から選挙キャンペーンに復帰する。米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)のアンソニー・ファウチ所長はこの日のCNNとのインタビューで、フロリダ州の集会を含め今週予定されている4カ所でのイベントで新型コロナの感染が拡大するリスクがあると警告した。

  

原題:Trump Tests Negative for Virus, Isn’t Infectious, Doctor Says(抜粋)

(選挙戦復帰などを追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE