コンテンツにスキップする

【欧州市況】株上昇、四半期決算発表シーズンに注目-イタリア債上昇

12日の欧州株は上昇。投資家は7-9月(第3四半期)の決算発表シーズンに注目している。米モルガン・スタンレーは力強い収益回復が見られると予測する。

  ストックス欧州600指数は0.7%高。公益やテクノロジー、自動車銘柄が上昇した。オランダの電話会社ロイヤルKPNは6.8%の大幅高。欧州のプライベート・エクイティ(PE、未公開株)投資会社EQTが同社の買収を検討していると、ブルームバーグが報じたことが買い材料となった。

  アバディーン・スタンダード・インベストメンツの投資ディレクター、カロリナ・ノクラク氏は電子メールで「これまでの四半期と同様に、各社の決算は大幅に引き下げられた見通しを上回るパターンが今回も続くとみている」と予想。「投資家が注視するのは過ぎた業績ではなく、今後の見通しだろう」と指摘した。

European shares have edged higher in recent weeks

  欧州債はイタリア債を中心に周辺国債のパフォーマンスが他のユーロ圏国債を上回った。13日の国債発行を控え、投資家は利回りを求めた。

  イタリア債の利回り曲線はブルフラット化。ドイツ債とのイールドスプレッドは3ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)縮小して122bpとなった。

  ドイツ債もブルフラット化。英国債は10年債を中心に上昇した。英国では13日に2057年償還債の入札が実施される。発行規模は12億5000万ポンドの予定。

  ドイツ10年債利回りは2bp下げてマイナス0.54%。フランス10年債利回りは2bp低下のマイナス0.29%。イタリア10年債利回りは5bp低下の0.67%。

原題:Italian Bond Yields Extend Run of Record Lows; End-of-Day Curves(抜粋)

European Stocks Rise Ahead of New Earnings Season, on Deals Talk(抜粋)

  

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE