コンテンツにスキップする
Subscriber Only

中国、オーストラリア産石炭の輸入停止-緊張さらに激化の恐れ

中国がオーストラリア産石炭の購入を停止していることが、事情に詳しい複数の関係者の話で分かった。

  同関係者によれば、中国の発電所や製鋼所は豪州産石炭の使用を直ちに停止するよう口頭で通達を受けた。関係者は情報が非公開であることを理由に匿名を条件に語った。関係者の1人によると、港湾当局も豪州産石炭を陸揚げしないよう指示された。中国税関総署にコメントを求めたが、これまでに返答はない。

  中国は既に一部の豪州産農産物の輸入停止などに踏み切っており、今回の措置で緊張が一段と激化する可能性がある。石炭輸入の停止措置がいつまで続くのか、既存の長期売買契約にどのように影響し得るかは明瞭でない。

  バーミンガム豪貿易・観光・投資相は「こうした報道を承知しており、対中貿易の混乱にこれまでにも見舞われてきた国内資源業界の関係者らと協議している」との声明を発表した。

  コークス用炭で豪州最大の輸出業者であるBHPグループは、これまでのところコメント要請に応じていない。中国の鉄鋼最大手、中国宝武鋼鉄集団はコメントを控えた。豪州産石炭の輸入停止については、S&Pグローバル・プラッツやアーガス・メディアなどが先に報じていた。

原題:
China Bans Australian Coal Imports as Political Relations Sour(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE