コンテンツにスキップする

シンガポール航空のA380超大型機レストラン、予約開始30分で完売

シンガポール航空がスーパージャンボ機エアバスA380を利用してオープンするレストランは、12日の予約開始後30分で全席が埋まった。

  新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)で多くの航空機が地上待機を強いられる中で、シンガポール航空は現金収入を得る新たな試みとして、チャンギ空港に駐機している2機のA380を10月24、25の両日レストランとして利用することにした。

  

relates to シンガポール航空のA380超大型機レストラン、予約開始30分で完売

ビジネスクラスのメニュー

  スイートクラスでの食事は642シンガポール・ドル(約5万円)、ビジネスクラスは321シンガポール・ドル。プレミアムエコノミーとエコノミーはそれぞれ96.30シンガポール・ドルと53.50シンガポール・ドル。マイレージで支払うこともできる。

  通常のレストランでの感染防止策に沿って、機内の座席のうちレストランに利用されるのはほぼ半分だとシンガポール航空は説明している。人気が高かったため現地時間午後6時からウェイティングリストへの登録を受け付ける。リストの状況を見て対応を検討するという。同社ウェブサイトによれば、A380は通常運航時で471人の乗客を収容できる。

relates to シンガポール航空のA380超大型機レストラン、予約開始30分で完売

ビジネスクラスの食事風景

出典:シンガポール航空株式会社

原題:
Singapore Air’s A380 Restaurant Tickets Sell Out in 30 Minutes(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE