コンテンツにスキップする

中国ネットユーザー称賛のアプリ消える-国外サイトへの窓口なくなる

  • ブラウザー「Tuber」、中国から外国サイトへのアクセス可能に
  • 10日に機能停止、ファーウェイのアプリストアからもなくなった

中国本土で禁止されているフェイスブックやグーグルといったウェブサイトへのアクセスを、短い間ながら本土から可能にしてきたアプリがある。

  中国のサイバーセキュリティー大手、三六零安全科技(360セキュリティー・テクノロジー)が支援するブラウザー「Tuber(チューバー)」は、中国のオンラインユーザー9億400万人に外国のウェブサイトやソーシャルメディアにアクセスする合法的な手法を提供しているように見えた。違法なVPN(仮想私設網)なしで「ユーチューブ」や「インスタグラム」のコンテンツを閲覧することができる新しく登場したやり方をユーザーは称賛していた。

  だがこのブラウザーの機能は10日、突然止まった。華為技術(ファーウェイ)が運営しているアプリストアからも消えたが、政府機関が削除を命じたかどうかは分からない。

  中国市場で国際的アプリを扱うパブリッシャー、アップインチャイナのリック・ビショップ最高経営責任者(CEO)は「政府がこのアプリのことを耳にし、アプリストアに取り除くよう要請したのだろう」と話す。

  アプリストアからなくなったことで、より広いインターネット空間にアクセスするための政府公認の窓口だと多くの中国人ユーザーが認識していたチューバーは、終わってしまった可能性がある。

  中国政府は厳格なインターネット統制を維持しており、テンセント・ホールディングス(騰訊)や動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」を手掛ける北京字節跳動科技(バイトダンス)などの中国企業はコンテンツを検閲し、政府に批判的な内容が見つかれば削除するよう求められている。 

  ブルームバーグ・ニュースは10日、中国サイバースペース管理局(CAC)に電話と電子メールで取材を試みたが返答はなかった。三六零安全科技の広報担当者はコメントを控えている。

原題:Chinese App Helps Users Bypass Great Firewall - Then Disappears(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE