コンテンツにスキップする

ゴールドマン、ドルは18年の安値にも-バイデン氏勝利やワクチンで

ゴールドマン・サックス・グループは、ドルが2018年の安値まで下落する可能性があるとみている。米大統領選挙で民主党候補のバイデン前副大統領が勝利する可能性の高まりや新型コロナウイルスワクチン開発の進展が背景だという。

  ザック・パンドル氏らストラテジストは9日のリポートで、「リスクはドル安に傾いている。当社はトランプ氏の勝利とワクチン開発の遅れの組み合わせという、ドルにとって最もプラスのシナリオの可能性は比較的低いと見ている」と分析。「『民主党圧勝』の選挙結果とワクチン開発スケジュールに関する明るいニュースが貿易加重のドル相場とドル指数(DXY)を2018年の安値水準に押し戻す可能性がある」との見方を示した。

  インターコンチネンタル取引所のドル指数は、新型コロナ対策の米金融緩和措置に反応して、今年これまでに3%余り下落し93強の水準。18年には89を下回った。

  UBSアセット・マネジメントとインベスコも、バイデン氏のリード拡大に伴いドル安を予想している。ゴールドマンはメキシコ・ペソ、南ア・ランド、インド・ルピーのバスケットに対する米ドル売りを勧めた。また、米ドルに対するユーロ、カナダ・ドル、オーストラリア・ドルの買いも提案した。

Hedge funds turned bearish on the greenback for first time since 2018 in August

原題:Goldman Says Short Dollar as Odds Firm for Biden Win, Vaccine(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE