コンテンツにスキップする

米株安は一時的、民主圧勝で22年に増税でも-JPモルガンが予想

更新日時
  • 22年1月1日に増税なら21年10-12月に株式相場に下方圧力の公算大
  • いったん税率が引き上げられれば、株式相場はまた上昇軌道取り戻す

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

11月の米大統領・議会選で民主党が圧勝し、キャピタルゲイン税が引き上げられても、株式相場の下落は一時的なものにとどまる可能性が高いとJPモルガン・チェースは分析する。同税率引き上げ後の1987年と2013年の例を挙げ、株価はいったん下落しても元の軌道を取り戻す見通しだという。

  大統領選でのバイデン前副大統領勝利と、下院に加え上院も民主党が制するとの見通しがストラテジストや先物市場で広がっている。

relates to 米株安は一時的、民主圧勝で22年に増税でも-JPモルガンが予想

 

  ニコラオス・パニギリツオグル氏らJPモルガンのストラテジストは、仮に民主党主導でキャピタルゲインなどの税率が2022年1月1日に引き上げられることになるとすれば、21年10-12月(第4四半期)に株式相場に一定の下方圧力が生じると予想する。

  ただいったん税率が上がれば、株式相場はまた上昇軌道を取り戻す公算が大きいとみている。1987年と2013年の1-6月(上期)はいずれもそうした相場展開だった。

  「現在の低利回りと高い株式リスクプレミアム環境を踏まえると、キャピタルゲイン課税強化が見込まれてもリスクテークおよび資産クラスとしての株式に対する投資家の姿勢に対して長期的にはほとんど影響がないとみる」と9日付のリポートでコメントしている。

原題:JPMorgan Says U.S. Capital Gains Tax Hike May Briefly Hit Stocks(抜粋)

(リポート詳細を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE