コンテンツにスキップする

週明けの外為市場で豪ドルとユーロが下落、ドルは上昇

中国人民銀行(中央銀行)が人民元のショートを容易にする措置を発表したことで元先安観が浮上する中、週明け12日のシドニー市場で豪ドルが下落。一方で米ドルはG10通貨の大部分に対して上昇。

  豪ドルは0.4%安の1豪ドル=0.7212米ドル。ユーロは対ドルで0.2%安の1ユーロ=1.1806ドル。ジョンソン英首相は対欧州連合(EU)通商交渉について、10月15日の期限を前に英国とEUのは依然大きいとメルケル独首相に伝えた。

  英ポンドは対米ドルで0.1%下落し1ポンド=1.3023米ドル。米ドルは対円では0.2%上昇し105.84円。

原題:Aussie, Euro Lead Declines in Early Sydney Trade as Dollar Rises (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE