コンテンツにスキップする

トランプ大統領からの伝染リスクなくなる-全症状改善と医師団

更新日時
  • 「もはや活発なウイルス複製の証拠はない」
  • コンリー主治医は大統領の検査結果が陰性か陽性かについては触れず

トランプ米大統領から新型コロナウイルスが他人に感染するリスクはもはやないと考えられ、大統領は隔離措置解除の基準を満たしているとショーン・コンリー主治医が明らかにした。

  同主治医はホワイトハウスが公表した文書で、大統領の発熱は24時間余りの間なく、全ての症状が改善されたと説明。「もはや活発なウイルス複製の証拠はない」ことが診断検査で分かり、逐次検査ではウイルス量の減少が示されたという。

  コンリー主治医は大統領の検査結果が陰性か陽性かについては触れていない。

  11月の大統領選が迫る中で、トランプ大統領は選挙遊説再開を発表しており、まず12日にフロリダ州での集会に参加する。13日にはペンシルベニア州、14日にはアイオワ州を訪れると見込まれている。

  大統領は10日、新型コロナ感染後初となる公開イベントで演説し、ホワイトハウスに集まった支持者に向け「気分はとても良い」と述べた。

トランプ大統領、気分「とても良い」-感染後初の公開イベントで演説

  ホワイトハウスは依然として感染前の大統領が最後に陰性と判定されたのはいつかなのかを含め、一部詳細情報の開示を拒否している。

 トランプ氏、他人への感染力ないと主張-Eリリー治療法は承認される

  トランプ大統領が新型コロナ陽性と判定されたと明らかにしたのは2日の早い時間。8日にはFOXビジネスとインタビューで「私が他人に感染させる可能性は全くないと思う」と発言。自身の回復は、投与されたリジェネロン・ファーマシューティカルズの「抗体カクテル」の効果だとあらためて指摘していた。

原題:Trump No Longer Considered a Transmission Risk, Doctor Says (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE