コンテンツにスキップする

5G対応iPhone、アップル今週発表か-サービスエリアはまだ限定的

  • 米3大移動通信事業者の大規模な5Gサービス展開はこれから
  • 中国で5G通信が広がり、投資家やアナリストは強気
Consumers Line Up As Apple's iPhone 11 Goes On Sale In Stores
Photographer: Drew Angerer/Getty Images North America
Consumers Line Up As Apple's iPhone 11 Goes On Sale In Stores
Photographer: Drew Angerer/Getty Images North America

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

アップルは今週開くイベントで、第5世代(5G)移動通信規格に初めて対応した「iPhone(アイフォーン)」を発表する見込みだ。ただ米国ではまだ、5G通信が十分普及していない。

  米3大移動通信事業者ベライゾン・コミュニケーションズAT&TTモバイルUSによる大規模な5Gサービス展開はこれからで、3社が全米の通信網をすぐに新しくしなければ、最新型のアイフォーンを購入しても消費者の多くにとって、宝の持ち腐れとなる可能性もある。

  13日に開催されるイベントのキャッチフレーズは「Hi、Speed」と速さを強調。5G対応機種の登場をにおわせているが、多くの先進国市場で5G通信のサービスエリアはまだ限定的だ。

アップル、10月13日に製品発表イベント開催-5G対応iPhone披露か

5G Lift

Apple is expected to sell a lot more iPhones by its 2021 fiscal year

Source: Sanford C. Bernstein estimates

Note: Apple fiscal years. Millions of iPhone units.

  韓国のサムスン電子などのスマートフォンメーカーはすでに昨年、5G対応機種を投入。米グーグルも独自の5Gスマホを先月発表した。

グーグル、5G対応の新型スマホ2機種を発表-10月15日発売

  アップルはサプライヤーに最高で今年8000万台の新型アイフォーンを生産するよう求めたとブルームバーグ・ニュースは先に報道。中国で5G通信が広がっていることもあり、投資家やアナリストは強気だ。今年の新型アイフォーンは3年ぶりの大きなデザイン変更となる。

アップルの5G対応新型iPhone、年内7500万台目標に-関係者

  シノバス・トラストのシニアポートフォリオマネジャー、ダン・モーガン氏は「新しい5Gアイフォーンの高速化は大きなアップグレードサイクルを促すはずだ」 と述べ、中国での販売は「堅調」になるとの見通しを示した。

  アップルの広報担当者はコメントを控えた。

原題:Apple Prepares to Launch 5G IPhones Into Unready U.S. Market (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE