コンテンツにスキップする

ファウチ氏、ホワイトハウス式典は「スーパー拡散イベント」だった

更新日時

米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)のアンソニー・ファウチ所長は、先月にホワイトハウスのローズガーデンで行われた集まりが新型コロナウイルスの「スーパー拡散イベント」だったとの認識を示した。

  トランプ大統領は9月26日、エイミー・コニー・バレット氏を最高裁判事候補に指名する式典を開いた。ホワイトハウスには検査設備が設置されていたものの、マスクを着用したゲストはほとんどおらず、屋外でも屋内でも参加者は近距離で交流し、座席も詰めて配置されていた。

Barrett rose garden party

ホワイトハウスで行われた式典、9月26日

撮影: Chip Somodevilla/Getty Images

  このイベントに続いてトランプ大統領やメラニア夫人、数人の高官のほか、上院議員や軍人も新型コロナの陽性が判明した。

  ファウチ氏は9日、CBSニュース・ラジオとのインタビューで、「ホワイトハウスでスーパー拡散イベントが起こった。混み合う中をマスクを着けていない状況だった。それはデータが物語っている」と述べた。人からの感染は総じて無症状の人から移されていると指摘。「そのため、全員が文字通り例外なくマスクを着用することを強く勧める」と述べた。

  トランプ大統領がどの程度回復しているのか疑問が残るものの、10日にはホワイトハウスで新型コロナウイルス感染症(COVID19)で入院して以降初となる対面形式での行事を開催する計画だ。

原題:Fauci Calls White House Ceremony a ‘Super-Spreader Event’ (1)(抜粋)

(最終段落を追加。更新前の記事はラジオ局の名称を訂正済みです。)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE