コンテンツにスキップする

トランプ氏に「不自然な」入金、2016年にベガスのホテルから-NYT

トランプ米大統領は2016年にネバダ州のホテルから、2100万ドル(約22億円)の「極めて不自然な」資金を受け取ったと、ニューヨーク・タイムズ紙(NYT)が報じた。トランプ氏は当時、選挙資金が130万ドルしかなく、資金集めに奔走していたという。

  NYTが最近入手した税務記録には、カジノ界の大物として知られるフィル・ラフィン氏と共同所有するラスベガスのホテルからトランプ氏への複数回にわたる資金の流れが示されていると、同紙は報道。税務の専門家らは不自然だとみているという。この資金がトランプ陣営に渡ったのかどうかは記録に示されていないが、税法や選挙資金法に違反する可能性があるという。

トランプ氏の納税巡り新たな疑惑、数週間後の米大統領選控え争点に

  ホワイトハウスのジャッド・ディア報道官は今回のNYT報道について、「標準的な商取引を不正確な表現で非難する政治的動機で書かれたねつ造記事は、これに限ったことではない」との声明を発表。「ドナルド・トランプ氏は優れたビジネスマンだった当時、フィル・ラフィン氏と長年にわたってビジネスで協力関係にあり、受け取った資金は正当なものだ」と疑惑を否定した。トランプ・オーガニゼーションとトランプ氏の選挙陣営からはコメントが得られていない。

  NYT報道によれば、2100万ドルの大半はトランプ・ラスベガス・セールス・アンド・マーケティングという名称の会社を経由しているが、この会社は誰も雇用しておらず、事業の目的も明確ではない。トランプ氏は2016年の選挙戦終盤に自己資金1000万ドルを運動資金に拠出。それ以降、資金源がどこなのか臆測が持ち上がっていたという。

原題:Trump Got ‘Unusual’ Payments From Vegas Hotel in 2016, NYT Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE