コンテンツにスキップする

世界食糧計画、2020年のノーベル平和賞を受賞

2020年のノーベル平和賞は世界食糧計画(WFP)が受賞した。紛争地域などで食糧支援を行う活動が評価された。

  ノルウェーのノーベル賞委員会は9日、「紛争地域での平和に向けた環境改善への貢献と、飢餓を戦争や紛争の武器に利用することを防ぐ取り組みで先頭に立っている活動」をたたえての授与だと説明した。

  WFPは昨年、深刻な食糧不安と飢餓に直面する88カ国で1億人近くの人々を支援した。WFPは国連が持続可能な開発目標(SDG)の一つとして飢餓撲滅に取り組む活動の主体でもある。

原題:
World Food Program Is Winner of 2020 Nobel Peace Prize (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE