コンテンツにスキップする

バンガードが中国政府の顧客に運用資産を返還、210億ドル-関係者

  • 返還資金の一部はブラックロックやアムンディが運用管理も
  • バンガードは個人投資家向けの低コストのファンドに重点移す

米資産運用会社バンガード・グループは、約210億ドル(約2兆2200億円)相当の運用資産を中国の政府顧客に返還した。世界的に個人投資家を対象とした低コストのファンドに重点をシフトさせている一環だと、事情に詳しい関係者が明らかにした。

  情報が非公開だとして匿名を条件に述べた同関係者によると、バンガードが返還した資金の一部は米ブラックロックやフランスのアムンディの運用に移すことが検討されている。

  バンガードが返還した資産は、国家外為管理局(SAFE)と政府系ファンド(SWF)の中国投資(CIC)にそれぞれ約100億ドル、全国社会保障基金(社保基金)に10億ドル超。

  SAFEはこの資金の運用をブラックロックなど他社に移管する見通しで、社保基金は一部についてアムンディに運用を任せる可能性が高いと、同関係者は述べた。CICは返還された資金を自社のインデックス投資プラットフォームに取り込んだという。

  バンガードと全国社会保障基金理事会、ブラックロック、アムンディはいずれもコメントを避けた。CICとSAFEにもコメントを求めたが返答はまだ得られていない。

原題:Vanguard Returns $21 Billion in Assets to China’s State Funds

  

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE