コンテンツにスキップする

「花嫁」探していない、UBSの経営陣は十分に多忙-ウェーバー会長

  • 合併相手の候補リストをまとめているとブルームバーグは先に報道
  • 会長はスイスの金融誌ビランツとのインタビューで語った

スイスの銀行UBSグループのアクセル・ウェーバー会長は、競合行との合併を計画しているとの報道を否定した。クレディ・スイス・グループとの協議について報じられてから初めて合併問題に言及した。

Key Speakers at the Frankfurt Finance Summit

アクセル・ウェーバーUBS会長

  ウェーバー会長はスイスの金融誌ビランツとのインタビューで、「われわれは花嫁を探してはいない」と述べた。合併は何年にもわたって経営陣の時間を取るが、UBSは迫っている最高経営責任者(CEO)の交代やその他内部の問題で十分に忙しいと語った。クレディ・スイスあるいは他の欧州銀との話し合いがあるかなどについてはコメントを控えた。

  新型コロナウイルス感染拡大の影響やマイナス金利、市場の細分化を背景に、欧州銀行業界を舞台とする合併観測が取り沙汰されている。ウェーバー会長はドイツ銀行やBNPパリバ、クレディ・スイスを含む合併相手候補リストをまとめているとブルームバーグが先月報じていた。  

UBS会長が大型合併計画を再始動、相手候補をリストアップ-関係者

  UBSではセルジオ・エルモッティ氏の後任としてINGグループのCEOだったラルフ・ハマーズ氏が11月にCEOに就任する。

原題:UBS Weber Rejects Deal Talks Saying Bank Isn’t Seeking a Partner(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE