コンテンツにスキップする

英LSE、イタリア証取をユーロネクストなどに売却へ-5400億円強で

  • リフィニティブ買収の承認をEUから得るため資産売却を探っていた
  • CDPなどイタリアの金融機関2社も買収に参加した

英ロンドン証券取引所グループ(LSE)は傘下のイタリア証券取引所をユーロネクストとイタリアの金融機関2社に43億3000万ユーロ(約5400億円)強で売却することで合意した。

  LSEは金融データ提供会社リフィニティブ買収の承認を欧州連合(EU)から確保するため、イタリア証取の売却を目指し、ユーロネクストなどとの独占的な交渉を先月始めていた。

  9日の発表資料によれば、LSEはイタリア証取の全持ち分に対し、現金43億ユーロに加え、取引完了までの期間に創出される現金の相当額を受け取る。

  LSEのデービッド・シュウィマー最高経営責任者(CEO)は「イタリア証取グループの売却が競争を巡るEUの懸念への対応に大きく貢献すると考えている」とコメントした。売却完了は来年1-6月(上期)の見込み。

Launch Of COP26 Private Finance Agenda

LSEのデービッド・シュウィマーCEO

  パリとアムステルダムの証取も傘下に置くユーロネクストは、イタリア預託貸付公庫(CDP)およびイタリア最大の銀行インテーザ・サンパオロと共にイタリア証取の買収を提案していた。CDPはユーロネクストの7.3%、インテーザは約1.3%を取得する。

原題:LSE Agrees $5 Billion Borsa Sale to Euronext, Italian Banks (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE