コンテンツにスキップする

テスラ、テキサス州新工場での電池セル生産許可申請-供給網統合化へ

From
  • 7-9月に提出された州環境当局への届け出で計画が判明
  • マスク氏はEV需要満たすため自社生産が必要との考え示唆

米電気自動車(EV)メーカー、テスラのテキサス州オースティンの新工場で作られるのはピックアップトラック型EV「サイバートラック」だけではない。サプライチェーンの統合をさらに進める野心的な戦略の一環として、電池セルも同工場で生産する計画が州当局への届け出で分かった。

  同社はテキサス州環境当局への許可申請書で、「車両に搭載されるバッテリーパックを製造するため、同施設にセル生産部門を設ける」案を示した。ブルームバーグが確認したこの申請書は7月から9月の間に提出された。

US-HEALTH-VIRUS-PANDEMIC-EPIDEMIC

テスラのサイバートラック

写真家:ゲッティイメージズ経由のロビンベック/ AFP

  イーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は7月、4-6月(第2四半期)決算発表後の電話会議で、オースティン近郊に新たな工場を建設すると表明。カリフォルニア州フリーモントに続いで同社2番目の米組立工場となる施設で、サイバートラックや、EVトラック「セミ」とスポーツ車「ロードスター」に加え、東海岸の顧客向けにクロスオーバー「モデルY」も生産すると説明した。

  同社の申請について、米紙オースティン・ビジネス・ジャーナルが先に報じていた。

関連ニュース
テスラは電池の自社生産必要、EV向け需要満たすため-CEOが示唆
テスラ、米テキサス州にEV新工場建設へ-「サイバートラック」生産

原題:Tesla Seeks Approval for Battery-Cell Output at New Texas Plant(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE