コンテンツにスキップする

新型コロナを自宅で検査、エバリーウェルが目指す10億ドルの評価

  • 5月にFDAから新型コロナの自宅検査キットで緊急使用許可取得
  • 資金調達成功ならユニコーン企業に飛躍へ、遠隔医療分野リードか

新型コロナウイルス感染症(COVID19)の自宅検査キットを手掛けるスタートアップ企業、米エバリーウェルは、自社の価値を10億ドル(約1060億円)以上と評価した新たな資金調達交渉を進めている。

  事情に詳しい複数の匿名の関係者によれば、ベンチャーキャピタル(VC)会社を含む複数の投資家が協議に参加中。ピッチブックの推定によると、エバリーウェルの企業評価は昨年の資金調達で1億7500万ドルに達していた。

  最新の資金調達が成功すれば、エバリーウェルは評価額が10億ドル以上のユニコーン企業に飛躍し、ニッチな遠隔医療ビジネスのスタートアップ企業をリードすることになる。世界的な感染拡大で患者はリスク回避のため受診を控える傾向にあり、遠隔医療関連企業に追い風が吹いている。

  エバリーウェルの広報担当者はコメントを控えた。

  同社は今年5月、新型コロナの自宅検査キットを販売するための緊急使用許可(EUA)を米食品医薬品局(FDA)から取得した。

原題:
Covid-Test Firm Everlywell Seeks Funding at $1 Billion Valuation(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE