コンテンツにスキップする

2016年トランプ通貨トレード、逆転して復活-バイデン氏勝利織り込み

  • バイデン氏勝利の可能性を反映し、ルーブルは過去3カ月で8%下落
  • ペソの対ドル相場は約6%上昇し、新興国の主要通貨で最高の好成績

11月3日の米大統領選に向け、トランプ大統領が敗れる方向に賭けるトレーダーは、4年前の通貨ペアのトレードを復活させた。

  すなわち、トランプ大統領の外交政策が最も影響すると考えられる新興国の通貨、ロシア・ルーブルとメキシコ・ペソに関わるトレードだ。2016年には共和党のトランプ氏が勝利した場合、ロシアのプーチン大統領との関係を修復するが、メキシコとの貿易関係に見切りをつけるとの思惑から投資家はルーブルを買いペソを売った。

  今回の大統領選は、民主党候補のバイデン前副大統領が世論調査でリードする中で、トレードの方向は逆転した。GAMのマネーマネジャー、ポール・マクナマラ氏(ロンドン在勤)は「トランプ氏はロシアのご機嫌を取ることに非常に熱心だ。彼自身に有益なことは、ロシアにとってもそうだ。バイデン氏はルールに基づく国際貿易体制に回帰する可能性が高いと考えられ、メキシコと中国が恩恵を受けそうだ」と指摘した。

  バイデン政権のより大型の経済対策がメキシコの対米輸出拡大につながるとの見方を受け、ペソの対ドル相場は過去3カ月で約6%上昇し、新興国・地域の主要通貨で最高のパフォーマンスとなった。民主党政権がロシアにより厳しい制裁を科すと市場が予想したことで、ルーブルはこの間8%余り下落した。

  ロンドンに拠点を置くアムンディのマネーマネジャー、セルゲイ・ストリゴ氏によれば、今回の大統領選は予想が難しく、トレーディングの機会は生まれていない。今年はペソのポジションをオーバーウエートにする一方、最近の急落の機会を捉え、既にオーバーウエートのルーブルのポジションも積み増した。

This election, traders are buying the peso and selling the ruble

原題:Traders Dust Off 2016 Trump Trade, This Time Betting He’ll Lose(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE