コンテンツにスキップする

トランプ陣営、第2回討論会の対面開催要求-変更に医学的根拠ない

トランプ米大統領の選挙陣営は、主治医のショーン・コンリー氏が大統領は10日までに公的活動に復帰できるとの見通しを示した以上、大統領候補討論会委員会が第2回テレビ討論会をバーチャル形式に変更する「医学的根拠」は存在しないと主張した。

  コロナ検査でやはり陽性となったトランプ陣営のステピエン選対本部長は、「方針を転換し、討論会を進める必要がある」と述べ、討論会委員会に対面での開催を求めた。

トランプ氏、10日までに公的活動に復帰可能-主治医が見通し

原題:Trump Campaign Calls For In-Person Debate, Citing Doctor’s Note(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE