コンテンツにスキップする

トルコのドル建て債発行、バイデン氏勝利の可能性に備えた動きか

  • 起債は2月以来-表面利率6.375%で25億ドルの5年債
  • バイデン氏勝利なら資金調達環境が一段と厳しくなる公算も

トルコが高いプレミアムを支払ってまでも国際債券市場に復帰したのは、来月の米大統領選でトルコに批判的な民主党候補のバイデン前副大統領が勝利する可能性が高まっていることが主因とみられる。

  トルコ財務省は25億ドル(約2600億円)の5年物ドル建て債を発行。国際債券市場での起債は2月以来で、表面利率(クーポン)は6.375%に設定した。メキシコが先月発行した7億5000万ユーロ(約935億円)相当の7年物サステナビリティ債のクーポンは1.35%。これよりも高めとなった背景には、地域リスクの高まりで投資家がプレミアムを要求していることがある。

トルコが東地中海に掘削船を派遣、ギリシャなどと対立激化の恐れ

  前回発行の5年物ドル建て債のクーポンと比べても2ポイント余り高い。

  トルコは米国の反対にもかかわらずロシア製地対空ミサイル防衛システム「S400」の導入計画を進めている。東地中海で領有権争いを抱えているほか、最近のアゼルバイジャンとアルメニアの軍事衝突ではアゼルバイジャン支持を表明した。

  バイデン氏がトルコのエルドアン大統領を公然と批判しているのに対し、トランプ大統領は対トルコ制裁を求める圧力をかわしてきた。世論調査の分析を行うファイブサーティエイトの予測モデルによれば、大統領選でバイデン氏が勝利する確率は82.8%と、これまでで最高となった。

  ソシエテ・ジェネラルの新興市場戦略ディレクター、フェニックス・カレン氏(ロンドン在勤)は、「バイデン氏勝利を前提とした場合、米・トルコ間の緊張が高まる米大統領選後に資金調達環境が一段と厳しくなる可能性がある」と指摘。「市場参加者は、トルコの資金調達コストのさらなる上昇を見込んでいる公算が大きい」と述べた。

原題:Biden Victory Odds May Explain Turkey’s Surprise Eurobond Sale(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE