コンテンツにスキップする

フェイスブック、米大統領選後に政治広告を停止-結果判明遅延に備え

  • 選挙関連コンテンツのルール強化、誤解招きかねない情報の拡散防止
  • 有権者を脅迫・威嚇していると思われる投稿への姿勢を厳格化
US-IT-INTERNET-STOCKS-COMPANY-IPO-FACEBOOK
Photographer: AFP/AFP
US-IT-INTERNET-STOCKS-COMPANY-IPO-FACEBOOK
Photographer: AFP/AFP

フェイスブックは7日、11月3日の米大統領選挙の投票終了後に政治広告を停止すると発表した。明確な勝者がすぐには決まらない可能性に備え、選挙絡みのコンテンツに関するルールを強化する。

  フェイスブックはこの日、米大統領選に向けた一連の措置を発表。候補者やその陣営が誤解を招きかねないメッセージを有権者に拡散するのを防ぐ取り組みの一環で、米グーグルも同様の措置を既に講じている。フェイスブックは政治広告のファクトチェックは実施していない。

  同社はまた、有権者を脅迫ないし威嚇していると思われる投稿に対してより厳しい姿勢を取る方針だ。同社は実社会に害を及ぼす恐れのあるコンテンツを既に禁じているが、トランプ大統領と息子のドナルド・トランプ・ジュニア氏が投票所を不正行為から守るよう支持者に促したことを受け、今度は有権者を脅す行為に関するポリシーを拡充する。

  トランプ・ジュニア氏は先月投稿した動画で、選挙を不正から守る「トランプ軍団」に加わるよう支持者に要請。民主党支持者に対する 「監視を手伝ってほしい」と訴えた。

  フェイスブックはこの日のブログ投稿で、「選挙当局者や有権者に対する威嚇や支配、または権力誇示の狙いが示唆されたり、軍隊調の文言を使ったりする投票監視への呼び掛けを削除する」と表明。グローバルポリシー責任者のモニカ・ビッカート氏は記者団との電話会議で、「軍団」や「戦い」への参加を募る呼び掛けも対象だと語った。

  マーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は、郵便投票が増えることから、投開票当日の夜に結果が判明するとは思っていないと既に表明しており、同社はそうした場合に備えている。

  フェイスブックは大統領選前の1週間に新たな政治広告を受け付けないほか、投票結果判明前に勝利を主張する広告も退ける。同社は、選挙後の少なくとも1週間にわたり政治広告禁止を継続すべきだとしている。

参考記事
米フェイスブック、「Qアノン」の全てを禁止-関連コンテンツ削除へ
フェイスブック、トランプ氏の投稿削除-新型コロナで誤情報と判断

原題:Facebook Bans Political Ads After End of Voting on Election Day(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE