コンテンツにスキップする

シティグループに米当局が4億ドル制裁金、大型買収の承認義務付け

  • 効果的なリスク管理や内部統制の整備を怠っている-米通貨監督庁
  • FRBもコンプライアンスのリスク管理などで是正命じる

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

米銀シティグループは4億ドル(約420億円)の制裁金支払いに同意し、大規模な買収を実施するには当局の承認を求めることを義務付けられる。同行は長年にわたる幾つかのリスク管理問題を当局に指摘された。

  シティグループは「効果的なリスク管理やデータ管理プログラム、内部統制を整えることを怠っている」として制裁金を科せられた。米通貨監督庁(OCC)が7日発表した。OCCは、シティグループが「新たな大規模買収」を行う前にOCCの承認を得るよう求めるほか、同行が問題に迅速に対処しない場合、上級幹部の入れ替えを義務付ける権限を有するとした。

  米連邦準備制度理事会(FRB)もシティグループに対し、「コンプライアンス(法令順守)のリスク管理、データの質管理、内部統制の分野でFRBに過去に特定された慣行を是正」するよう命じた。

  7日の時間外取引でシティグループの株価は一時2%下落した。

  シティグループは「われわれの統制やインフラストラクチャー、ガバナンスを強化するための大きな是正プロジェクトが進行中だ」とした上で、「これら各分野で前進したが、われわれが設定し、当局がわれわれに求める基準を満たすには、かなりの改善がなお必要なことを認識している」とコメントした。

原題:
Citigroup Fined $400 Million, Must Seek U.S. Approval for Deals(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE