コンテンツにスキップする

トランプ氏が大統領執務室に戻る-コロナ症状なしと主治医

  • 経済対策に関する協議や最新のハリケーン情報について報告受ける
  • ホワイトハウスの外側から執務室に入る-関係者

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

トランプ米大統領は7日、ホワイトハウスの大統領執務室に戻り、新型コロナウイルス危機対応の経済対策に関する協議や最新のハリケーン情報について報告を受けた。ブライアン・モーゲンスターン報道官が明らかにした。

  これに先立ち、大統領の主治医はトランプ氏の新型コロナウイルス感染症(COVID19)の症状が出なくなってから24時間余りが経過したと説明した。トランプ氏は入院先で3日間コロナ治療を受けた後、5日に退院した。

トランプ米大統領、過去24時間余り新型コロナの症状なし-主治医

President Trump Stuns Allies In Congress After Scuttling Stimulus Talks

大統領執務室があるウエストウイング(西棟)の外に立つ海兵隊員(10月7日)

  米疾病対策センター(CDC)は軽度から中等度のコロナ患者について、最初の症状が現れてから最低10日間は隔離するよう勧告している。しかしトランプ氏は退院翌日の6日から、一部のスタッフの反対にもかかわらず執務室に戻ると主張していたという。

  トランプ氏、大統領執務室に戻ること希望-テレビ演説も検討か

  大統領は7日、テキサス州とルイジアナ州の知事とハリケーン「デルタ」について話し合ったとツイート。報告を受けた場所や電話協議を行ったのが執務室だったかどうかには触れなかった。

  事情に詳しい関係者1人によると、大統領と共に執務室に入っているのは、メドウズ大統領首席補佐官とソーシャルメディア担当ディレクターを務めるダン・スカビノ氏に限られている。大統領に近寄る人は完全な防護具を身に着けるという。大統領はウエストウイング(西棟)を通じてではなくホワイトハウスの外側から執務室に入ったと同関係者は述べた。

原題:Trump Back in Oval Office After Doctor Reports He’s Symptom-Free(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE