コンテンツにスキップする

出張帰国時の2週間待機、政府が免除を検討-報道

更新日時

政府は海外出張から帰国・再入国した日本人や在留資格を持つ外国人を対象に、帰国後2週間の待機措置を免除することを検討している。日本経済新聞オンライン版が7日報じた。

  渡航先の対象国は全世界で、空港でのPCR検査が可能な人数が1日あたりの受け入れ上限になるという。検査で陰性確認を経て入国後2週間は公共交通機関の使用を禁止し、移動は職場と自宅の往復に限られると日経は報じた。

 また大半の国に出しているレベル3の「渡航中止勧告」も月内をメドに一部解除し、レベル2の「不要不急の渡航自粛」に下げるという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE