コンテンツにスキップする

ペロシ米下院議長、航空会社支援に含み-個人直接給付案は拒否

更新日時
  • 大統領が包括的経済対策交渉を停止した後に財務長官と電話協議
  • 民主党の航空会社支援法案の再検討を財務長官に求めたと報道官

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

ペロシ米下院議長(民主)は7日、ムニューシン財務長官と電話で協議し、航空会社支援に的を絞った個別法案の下院通過を排除しない考えを示唆した。トランプ大統領は前日、より幅広い経済対策案を巡る民主党との協議を停止させた。

  ペロシ議長は航空会社支援法案支持に含みを持たせたものの、包括的経済対策案の他の問題に関しては態度を変えていないようだ。同議長は7日、記者団に対し、個人に1200ドル(約12万7000円)を直接給付する法案について、新型コロナウイルスに伴う困難に対処するには不十分だと発言。トランプ大統領からの圧力をはねつけた。

  ペロシ議長の報道官、ドルー・ハミル氏はツイッターで、ムニューシン財務長官が「航空会社支援に限定した法案について7日午前に電話でペロシ氏の意見を聞いた」とし、「議長は長官に対し、その法案は2日に共和党に阻止されたと指摘し、確かな情報に基づく協議が行えるようディファジオ議員がまとめた法案の再検討を求めた」と説明した。

President Trump Stuns Allies In Congress After Scuttling Stimulus Talks

ペロシ下院議長

  ハミル氏によると、ペロシ、ムニューシン両氏はこの日の午後にも航空会社支援を巡り約20分間協議し、8日に再度話し合うことで合意した。

  下院運輸経済基盤委員会のディファジオ委員長(民主、オレゴン州)は2日、期限切れとなる航空会社支援の延長案について全会一致での可決を目指したが、共和党は事前に相談がなかったとして反対した。

  ディファジオ委員長の案は、2021年3月31日までレイオフを見送る条件で航空会社と請負業者に280億ドル余りを支援する内容が盛り込まれている。

  トランプ大統領は6日、包括的な追加景気対策に関する協議停止を交渉担当者に指示したとツイートで明らかにした。だがその後、航空会社支援や個人への1200ドルの直接給付などを含む個別の法案が議会を通過すれば、直ちに署名する用意があるともツイートした。

原題:Pelosi Open to Aid for Airlines But Resists Stimulus-Checks Bill(抜粋)

(4段落目に8日の再協議で合意したことを追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE