コンテンツにスキップする

ウェルズ・ファーゴ、商業銀行部門で700人余り削減

ウェルズ・ファーゴは商業銀行部門で700人余りを減らす。最終的には数万人に上る可能性のある人員削減に着手した。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  対象は部門全体にわたると、関係者が内部の決定だとして匿名を条件に述べた。同部門は年間売上高500万ドル(約5億3000万円)超の企業を中心にさまざまなサービスを提供する。広報担当のケーティー・エリス氏は少なくとも一部の人削減が実施されたことを認めた。

  同氏は文書で「顧客と従業員、地域社会、株主のため、より強力で効率的な企業となることを目指し複数年にわたる取り組みを始めたところだ。その一環として、ほぼ全ての職種と事業分野で人員削減を含めた影響が出る。商業銀行では削減を開始した」と説明した。

  ウェルズ・ファーゴは大手米銀の中で最初に、新型コロナウイルス流行の中で停止していた人員削減を再開した。シティグループやゴールドマン・サックス・グループ、JPモルガン・チェースなどもその後に的を絞った削減を実施した。

原題:
Wells Fargo Eliminates More Than 700 Jobs in Commercial Banking(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE