コンテンツにスキップする

プーチン大統領がトランプ氏称賛、米ロ関係は改善-「高く評価」

  • トランプ氏の意向、完全には実現されていない-プーチン氏
  • バイデン氏とも協力できる、戦略兵器削減など「非常に重大な要素」

ロシアのプーチン大統領は、米国から制裁措置を受けたにもかかわらず米ロ関係は改善したとしてトランプ米大統領を称賛した。プーチン大統領はまた、米民主党の大統領候補、バイデン前副大統領とも協力できると示唆した。

RUSSIA-POLITICS-PUTIN-PARLIAMENT

ロシアのプーチン大統領

  プーチン氏は7日放映された国営テレビとのインタビューで、トランプ氏は米ロ関係改善を「支持する発言を繰り返してきた」と指摘し、「もちろん、われわれはそれを高く評価している」と語った。その上で、米議会が党派を超えてロシアを抑え込む必要があるとの認識で一致しているのは、「トランプ大統領の意図が完全には実現されていない」ことを意味すると述べた。

  バイデン氏については「極めて強い反ロシアの表現」が見られるものの、米ロの新戦略兵器削減条約(新START)を延長もしくは戦略兵器を削減するための新たな合意を結ぶ用意があるとプーチン氏は言明。「これは今後、米ロが協力できる非常に重大な要素だ」と続けた。

  トランプ氏は6日、2016年米大統領選へのロシア干渉疑惑を巡る連邦捜査局(FBI)の捜査と、当時の民主党大統領候補ヒラリー・クリントン氏の私的メールサーバー使用に関する調査の関連資料について、機密指定解除を承認したと発表した。

原題:Putin Praises Trump Ties and Says Biden May Not Be Bad Either(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE