コンテンツにスキップする

英外相、北京冬季五輪ボイコットの可能性否定せず-ウイグル人権巡り

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

ラーブ英外相は6日、2022年北京冬季五輪について、新疆ウイグル自治区のイスラム教徒ウイグル族の人権侵害が指摘されていることを理由にボイコットする可能性を否定しなかった。

  外相は英議会の委員会で、「スポーツを外交と政治から分離するのが私の本来の考えだが、それが可能にならない場合もあり得る。今後どのような行動を取るべきかあらゆる角度から検討することにしよう」と語った。

  ラーブ氏はその上で、中国と関与することが英国の戦略であり、スコットランドで来年開催を予定する国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)への中国代表団の出席を望むと述べた。

原題:U.K. Won’t Rule Out Beijing Olympics Boycott Over Uighur Abuse(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE