コンテンツにスキップする

マイクロソフトCEO、在宅勤務の弊害指摘-オンオフ切り替え困難に

  • リモートワークでオフィス勤務の一部利点が失われるとナデラCEO
  • マイクロソフト株、今年30%上昇-在宅勤務支援で法人顧客増加

米マイクロソフトは新型コロナウイルス感染症のパンデミック(世界的大流行)に伴う在宅勤務ブームで大きな恩恵を受けた企業の1つだが、サティヤ・ナデラ最高経営責任者(CEO)はオフィスから長期間離れることに伴う弊害を実感している。

  同CEOはウォールストリート・ジャーナルCEOカウンシルで6日、オンライン会議は従業員を疲弊させるほか、仕事とプライベートの頭の切り替えが難しくなる可能性があると述べた。

  さらにオンライン会議について、「集中する必要があるため、朝の会議が始まってから30分後には疲れている」と脳に関する研究を基に指摘。「会議前後に仕事が発生する」ことに触れ、リモートワークでオフィス勤務の一部利点が失われると語った。

  マイクロソフト株は年初来で30%余り上げている。社員の在宅勤務を支援するため、同社のクラウドサービスやインターネットベースのソフトウエア契約に加入する法人顧客が増えたことが追い風となった。

原題:
Microsoft CEO Says Remote Work Can Feel Like ‘Sleeping at Work’(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE