コンテンツにスキップする

フェイスブック、トランプ氏の投稿削除-新型コロナで誤情報と判断

  • 季節性インフルエンザよりコロナ致死率が低いと示唆する大統領投稿
  • ツイッターも警告表示-誤情報や有害な恐れがある
Key Speakers At The F8 Facebook Developer Conference
Photographer: David Paul Morris/Bloomberg
Key Speakers At The F8 Facebook Developer Conference
Photographer: David Paul Morris/Bloomberg

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

フェイスブックは、トランプ米大統領による新型コロナウイルスについての投稿を削除した。季節性インフルエンザよりも致死率が低いと示唆した内容が、新型コロナ感染症(COVID19)を巡る誤情報について定めた同社の規則に反しているというのが理由。

  ツイッターは警告メッセージを表示したが、トランプ氏の投稿は残した。

  警告メッセージはこの投稿について、「COVID19に関する誤情報や有害な恐れがある情報の拡散について定めたツイッターの規則に反している。しかしながら、このツイートに引き続きアクセスできるようにしておくのが公衆のためかもしれないと結論付けた」としている。

  ツイッターには、公選を経た当局者からのツイートで同社規則違反の投稿にはその旨を表示するが削除はしない方針がある。ただ、トランプ氏の投稿にコメントしたりシェアしたりする機能に制限は設けた。

  トランプ大統領はCOVID19で入院したウォルター・リード米軍医療センターから退院した翌日の6日に投稿した。米国では700万人以上が新型コロナに感染し、死者は21万人を超えた。

  この投稿をフェイスブックは完全に削除。同社は「COVID19の深刻さに関する誤った情報は削除する」と、広報担当者は説明した。削除に関してはCNNが先に報じていた。

原題:
Facebook Removes Trump Post on Covid While Twitter Adds Warning(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE