コンテンツにスキップする

【新型コロナ】欧州の苦境続く-香港、バーの再閉鎖検討か

更新日時
  • 1人当たりの感染数でチェコが欧州最悪の感染ホットスポットに
  • 香港が7日発表した域内の新規感染は9人、先月14日以来の多さ

欧州各国は新型コロナウイルス感染の封じ込めに苦慮しており、ベルリンやパリ、マドリードなどの都市がバーやレストランに規制や新たなルール設定を迫られている。ここ2週間の1人当たりの感染数に基づけば、チェコが欧州最悪の感染ホットスポットとなっている。

  香港英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポスト(SCMP)は政府内の関係者を引用して、香港当局がバーを再び閉鎖すべきかどうかを検討していると報道。香港が7日発表した域内での新規感染者は9人と、先月14日以来の多さとなった。

  米ジョンズ・ホプキンス大学の集計データによれば、世界の感染者数は3580万人を突破し、死者数は104万人を超えた。

relates to 【新型コロナ】欧州の苦境続く-香港、バーの再閉鎖検討か

  米食品医薬品局(FDA)は6日、ワクチン審査に関する新指針を公表した。最低2カ月分の安全性データの提供などを求める内容で、新型コロナウイルス感染症(COVID19)ワクチンの緊急使用が許可されるのは11月の米大統領選の後になる公算が大きくなった。トランプ氏は同日夜のツイートで、「政治目的の謀殺だ!」だとFDAを非難した。

【コラム】大統領は誰から感染か、パンデミックのミステリー-ルイス

コロナワクチン早期実用化の可能性ほぼ消滅か-トランプ氏は反発

  民主党の大統領候補、バイデン前副大統領は6日、コロナの治療を受けて前日退院したトランプ大統領がまだ回復していないのであれば、次の大統領候補討論会を取りやめにすべきだと語った。

バイデン氏、次の討論会行うべきでない-トランプ氏の回復まだなら

  大統領主治医のショーン・コンリー氏は、トランプ氏がホワイトハウスに戻ってからの最初の夜にゆっくり休み、6日に「症状は見られていない」とコメントした。ただ、ホワイトハウスではコロナウイルス検査で陽性となったスタッフの数が増え続けている。スティーブン・ミラー上級顧問やジャレン・ドラモンド報道官の陽性が新たに判明し、米軍制服組トップのミリー統合参謀本部議長も自主隔離に入った。

ホワイトハウスでコロナ検査陽性者の増加続く、ミラー上級顧問も

US-ISRAEL-DEFENSE-ESPER-GANTZ

ミリー米統合参謀本部議長

  ペンス副大統領は6日の検査で陰性だったと主治医が公表した。ペンス氏と民主党のカマラ・ハリス上院議員は7日夜、ソルトレークシティーで開かれる副大統領候補討論会に臨む。

米副大統領候補討論会に異例の高い注目-アクリル板設置し7日夜開催

  トランプ大統領は6日、追加景気対策パッケージに関する民主党指導部との協議を停止するよう交渉担当者に伝えたと明らかにした。その数時間前には、パウエル連邦準備制度理事会(FRB)議長が、十分な政府支援がなければ米景気回復は弱まると警告したばかりだった。

トランプ大統領、景気対策案の協議停止を指示-バイデン氏は非難

  新型コロナウイルスの新規感染件数がニューヨーク州とニュージャージー州、コネティカット州で3カ月ぶりの高水準に達している。これら東部3州は米国内でコロナによる打撃を最も大きく受けた地域だが、感染が再拡大している。

NYなど東部州でコロナ感染再拡大の兆し-新規感染が1カ月で倍増 

  ニューヨーク州のクオモ知事は6日、州内の感染ホットスポットにある日常生活に必要不可欠な業種以外のビジネスや学校は9日までに閉鎖される必要があると述べた。このルールは14日間実施される。知事は「クラスター・アクション・イニシアチブ」の計画を発表。感染拡大地域を郵便番号ではなく赤・オレンジ・黄色で特定する。

原題:Hong Kong Finds 9 New Local Virus Cases, Most Since Sept. 14 (1)、Trump Ire Over Vaccine Rules; Czech Cases Soar: Virus Update(抜粋)

(欧州の状況や香港について追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE