コンテンツにスキップする

ノーベル物理学賞、ブラックホール研究の欧米3氏が受賞

2020年のノーベル物理学賞は、英オックスフォード大学のロジャー・ペンローズ氏、独マックス・プランク地球外物理学研究所および米カリフォルニア大学のラインハルト・ゲンツェル氏、米カリフォルニア大学のアンドレア・ゲズ氏が受賞した。ブラックホールの研究が評価された。

  スウェーデン王立科学アカデミーは6日、ペンローズ氏の受賞理由について「ブラックホールの形成が一般相対性理論で予測されていたことを理論的に証明した」と説明。ゲンツェル氏とゲズ氏は「銀河系の中心に超巨大ブラックホールがあることを発見した」と評価した。

原題:
Penrose Shares Nobel Physics Prize for Black Hole Research (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE