コンテンツにスキップする

ファイザーとビオンテックのコロナワクチン候補、欧州当局が審査開始

ファイザーとドイツのビオンテックが開発を進める新型コロナウイルス感染症(COVID19)のワクチン候補について、欧州の医薬品規制当局がデータの審査を開始した。ワクチン候補の評価を迅速化し、市場投入までの時間を短縮できる可能性がある。

  欧州医薬品庁(EMA)が行うのは「逐次審査」と呼ばれる審査で、製薬会社が全てのデータを一度に提出するのを待つことなく、進行中の治験データをリアルタイムで提出を受け評価していく。

  EMAが決定を下すのに十分な情報がそろえば、ファイザーとビオンテックは正式に申請することになる。EMAは先週、英オックスフォード大学と英アストラゼネカが共同開発するワクチン候補についても逐次審査を開始した。

原題:EU Drug Regulator Starts Review of Pfizer-BioNTech Covid Vaccine(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE