コンテンツにスキップする

バイデン氏、感染対策手順守らなかったためトランプ氏はコロナに感染

  • マスクは重要ではないと言って感染した人は自分の責任だと指摘
  • トランプ氏退院で「コロナは大した問題でない」と考えてはならない

米大統領選の民主党候補、バイデン前副大統領は5日、共和党候補のトランプ大統領について、新型コロナウイルス対策の安全プロトコルを守らなかったため感染したと指摘した。

  バイデン氏はフロリダ州マイアミで開かれたNBCニュース主催の市民対話集会で、「マスクや『社会的距離は重要ではない』と基本的に主張して新型コロナに感染する人は自分の身に起きたことに責任があると思う」と発言。トランプ大統領は安全手順を無視していたため、陽性が判明してもショックは受けなかったとし、「正直言って、驚かなかった」と語った。

  その上でバイデン氏は、トランプ大統領が数日間の入院で退院したことに言及。新型コロナは「大した問題ではないと考えないでいただきたい。これは深刻な問題であり、国際的なパンデミック(世界的大流行)だ」と訴えた。また、先週の討論会でトランプ大統領のスタッフや家族がマスクを着用していないのを見て当惑したとも語った。

原題:
Biden Says Trump Caught Covid By Bucking Safety Protoccols(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE