コンテンツにスキップする

ポンペオ長官、対中国で結束示す狙い-きょう都内で4カ国外相会合

更新日時
ポンペオ米国務長官

ポンペオ米国務長官

Photographer: Alessia Pierdomenico/Bloomberg
ポンペオ米国務長官
Photographer: Alessia Pierdomenico/Bloomberg

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

ポンペオ米国務長官は6日に都内で日本、オーストラリア、インドとの4カ国外相会合に臨み、中国に対する圧力維持を図る。

  「クアッド」と呼ばれるこの民主主義国4カ国が外相級会合を開くのは、今回で2回目。新型コロナウイルス感染が世界的に再拡大する中、対面形式で行われる同会合は4カ国の結束をアピールする場となる。中国は現在この4カ国のうち少なくとも豪州、米国、インドの3カ国と対立している。

  菅義偉首相にとって今回の会合は、前任の安倍晋三首相が打ち出したタカ派的な国家安全保障の取り組みを一部引き継ぐ意思を示す機会になる。安倍前首相が10年余り前に提唱した「4カ国イニシアチブ」に対して、中国は「排他的な集団」を形成する試みであり、「新たな冷戦」をあおると懸念を表明している。

  加藤勝信官房長官は午前の記者会見で、コロナ禍における4カ国外相による対面での意見交換は「時宜を得たものだ」と説明。会合は自由で開かれたインド太平洋の実現に向けた連携を確認するものであり、「中国うんぬんということですが、特定の国を念頭に置いたものではありません」とも語った。

  トランプ大統領が新型コロナ検査で陽性となるなど情勢の変化を受け、ポンペオ長官は訪日後に予定していたモンゴルと韓国への訪問を取りやめた。

ポンペオ米国務長官、4-6日に訪日-アジア歴訪の日程短縮

原題:Pompeo Seeks to Show United Front on China Despite Virus Crisis(抜粋)

(4段落目に加藤官房長官の発言を追加して更新しました)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE