コンテンツにスキップする

日本取引所:システム障害で調査委設置、原因はメモリの故障

更新日時
  • 原因や再発防止策、責任の所在について調べる-調査委
  • 金融庁への報告時期、現時点で答えるのは難しい-東証・田村氏

日本取引所グループは、1日のシステム障害を受けて調査委員会を5日付で設置したと発表した。障害の発生原因、対応、再発防止策や責任の所在について調べる。

  同時に、売買システムの「アローヘッド」で障害が発生した原因が共有ディスク装置に搭載したメモリーの故障で、別の装置への自動切り替えが機能していなかったことも明らかにした。

  メモリ故障が原因の障害への対策については、切替え機能を検証し、装置の設定変更で自動切替えが可能と分かったとした。同設定は4日にシステムに適用し、動作を確認済みという。

  5日夕記者会見した東証の川井洋毅執行役員は今回の事態について陳謝した上で、メモリー設定は富士通が行ったが、「根本原因を把握して市場開設者として何ができるかを検証したい」と述べた。同席したIT開発部トレーディングシステム部の田村康彦部長は「今回は中間報告」だとしたが、金融庁への報告時期については「いま答えるのは難しい」と述べるにとどめた。

  また、日本取引所グループの清田瞭最高経営責任者(CEO)は5日、オンライン開催された全国証券大会で「障害箇所の監視や復旧体制の強化に引き続き努める」と語った

(第4段落以降に会見内容を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE