コンテンツにスキップする

バレット最高裁判事候補の早期承認計画に暗雲-共和党議員3人感染

  • 先週の共和党上院議員昼食会にコロナ陽性議員も出席、感染拡大も
  • 11月3日の大統領選前に指名承認採決目指す上院指導部の計画に狂い

米大統領選挙前にエイミー・コニー・バレット連邦最高裁判事候補の指名承認採決を目指すマコネル共和党上院院内総務の取り組みは、議会共和党内部での新型コロナウイルス感染の発生で危機的状況にある。

  共和党上院議員3人がここ数日に新型コロナ検査で陽性と判明し、少なくとも8人が濃厚接触者とされて、複数が自主隔離中。先週開かれた共和党上院議員の昼食会には、後の検査で陽性だった議員も出席していたため、感染者がさらに増えるリスクが高まっている。

  これまでに陽性が判明した人で重症者は報告されていないが、上院本会議で共和党議員3人が投票できないだけで、同党はバレット氏の指名承認に必要な票数を確保できなくなる。

  マコネル氏は上院を向こう2週間休会とするものの、トランプ大統領が指名したバレット判事候補に関する手続きを「全力で進める」と週末に表明した。上院司法委員会の公聴会は12日に始まる。

  グラム上院司法委員長が示したこの日程通り進めれば、22日までに同委員会で採決が行われる。マコネル氏は同委員会の作業が終わり次第すぐに上院本会議に持ち込む考えを示しており、そうなれば11月3日の大統領選の約1週間前に指名承認採決の運びとなる。

  ただ、上院司法委に所属する議員2人が新型コロナで陽性が判明している。同委は新型コロナ感染拡大以来、議員に公聴会にリモートで参加することを認めているものの、本会議への指名案送付のための会議には議員12人の出席を義務づけるルールがある。民主党のシューマー上院院内総務は最終的な指名承認採決を遅らせるためあらゆる手段を行使すると4日に述べており、民主党議員がボイコットすれば、感染した議員2人も含めた共和党議員12人全員の出席が必要になる。

米最高裁判事指名巡る上院公聴会の実施、安全でない-民主党院内総務

  また、定数100人の上院本会議で共和党は53議席を有するものの、これまでに共和党のコリンズ議員とマカウスキ議員の2人が大統領選前の採決に反対を表明している。最終的に両議員が指名承認に反対し、病気で投票できない共和党議員が出てくれば、マコネル氏の意向通りに手続きが進む余地はほとんどない。

原題:McConnell’s Plan for Quick Barrett Vote Threatened by Outbreak(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE