コンテンツにスキップする

NECがスイス金融ソフトウエア会社アバロックを買収、2360億円

更新日時
  • フィンテック軸にリカーリング型ビジネスで成長目指すと新野社長
  • 各国の競争当局の承認を経て2021年4月までに完了予定

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

NECは5日、スイスの大手金融ソフトウエア会社のアバロック・グループを20億5000万スイスフラン(約2360億円)で買収すると発表した。金融資産管理向けのソフトウエアで欧州やアジア太平洋地域でトップクラスのシェアのアバロックを傘下に収め、世界的なフィンテック事業の強化を目指す。

  NECの発表によると、同社はアバロックの持ち株会社の全株式を取得する。各国の競争当局の承認などを経て2021年4月までに完了予定。事業会社による参入もあり、従来型ビジネスが鈍化している金融業界や、行政手続きデジタル化の動向も見据え、アバロックのソフトウエアや技術を活用したビジネスモデルを国際展開する。

NEC CEO Nobuhiro Endo Earnings News Conference

NECはスイスのアバロック・グループを買収する

Photographer: Noriyuki Aida/Bloomberg

  NECの新野隆社長は会見で、アバロック買収について、世界展開では「リカーリング(継続課金)型のビジネスで成長をしていきたい」と述べた。森田隆之最高財務責任者(CFO)は同社のリカーリング比率は70-80%だと指摘し、「かなり長期にわたってビジネスの確かさが確認されている」との認識を示した。

  NECはソフトウエア事業を軸にフィンテック事業を強化している。今回の買収で、従来から強みとする生体認証やブロックチェーンなどの情報通信技術(ICT)とアバロックのソフトを組み合わせた新たな事業の創出を目指す。今期(21年3月期)はグローバル事業で調整後営業利益率5%(前期はマイナス1%)を目標としている。

  NECは18年1月にデジタル行政関連事業などを手掛ける英ノースゲートを買収。19年2月にはデンマークのKMDを傘下に収めた。アバロックは金融のデジタル化が進むスイスを中心に金融機関向けソフトウエア事業を展開しており、世界30カ国で150社を超える顧客を抱える。

(記者会見の内容を追加しました。第2段落の取得先と最終段落のKMDの買収時期の記述は訂正済みです)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE