コンテンツにスキップする

【引受実績】みずほ証が再度首位、上期も1位で折り返す-9月社債

  • ニプロ劣後やオリランドなど3045億円を引き受け-みずほ証
  • 年度累計も唯一シェアが20%超える、7月以降トップ維持

9月の社債引き受けランキングはみずほ証券が2カ月ぶりに1位となり、今年度累計でも3カ月連続トップとなって上期を終えた。

  ブルームバーグの10月2日時点のデータによると、9月起債は計83件、総額1兆6599億円と昨年同月から28.8%減少。その中でみずほ証はニプロの劣後債による社会貢献債、オリエンタルランドなどの大型案件を含む50案件に関与し、約3045億円を引き受けた。

  年度累計の順位は8月末時点から変動がなく、9月末までに総額1兆6073億円を引き受けたみずほ証が唯一シェア20%超えで上期首位となった。

【9月の順位】(自社発行を除く)

順位引受会社金額(億円)シェア(%)件数
みずほ証304521.750
大和証291820.848
SMBC日興283420.258
野村証278519.849
三菱モルガン232216.549
しんきん650.5
ゴールドマン470.3
東海東京450.3

【4-9月の順位】(自社発行を除く)

順位引受会社金額(億円)シェア(%)件数
みずほ証1607322.7256
野村証1406319.8240
SMBC日興1326918.7256
三菱モルガン1261817.8212
大和証1235517.4211
しんきん10851.527
東海東京6340.920
ゴールドマン4770.712
メリル日本1670.2
10SBI証1370.2
11岡三証460.1

備考:【引受実績】SMBC日興が今年度初の首位-8月の社債

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE